Day 17 自分も苦しいけど、相手も苦しい

 

あ、苦しいな

とそう思うとき、その感覚が自分の中から湧きあがったものであるときもあるし、相手が苦しんでいるのが伝わってくるときもある。

 

どっちが原因かを分析したりして、【わたしは悪くない】こじれてるのはむこうだ。

とそう自分を正当化するのもひとつの逃げ道だけれど、それでは関係が改善に向かう可能性が低い。

基本的には、自分が苦しいと感じているときは、相手を責めたり、相手のせいにしたりしがちで、自分が苦しいがために、相手がなにを感じているかなんて

想像する余地もないかもしれないけれど、覚えておいてほしいのは

あなたが苦しいかぎり、相手も同じように苦しいのだ、ということ。

 

 

この原理がわかってくると、自分がこじれてしまっていて、じょうずにコミュニケーションが取れずに引きこもってしまうときにも解決の余地が生まれてくる。

自分自身が不安や罪悪感に苛まれたりして、逃げたくなったり攻撃的になってしまったりする時もまた、【自分が悪いんだ】とただ思い込むだけでなく、

自分が苦しいということは、相手も苦しめているよな、と少しだけ冷静になれる。

 

ひとつの関係の中に、なにか歪みやすれ違いが起こったときには、

いつも、どっちが悪くてどっちが正しいとかいう見方を捨てて、

相手が今なにかを乗り越えようとしていて苦しいのなら、自分も苦しい。

自分が今なにかを乗り越えようとしていて苦しいのなら、相手も苦しい。

そんなふうに思うとよい。

 

その上で、一緒に共有しているその時間を、解決する方向に向かわせていこう。

 

自分がたとえ苦しいとしても、感じてることが同じだとしたら

「今、とっても苦しいよね?」と相手に愛を注ぐことができれば、かならずそこから癒しや気づきに向かうスペースに変わってくる。

 

そして同じように、自分が煮詰まってしまったときに

「今、とっても苦しいんだ。迷惑かけてるかな」と素直に打ち明けることができれば、それもまた必ずその場所から光がさして、癒しに向かってゆく。

 

最初のうちは、許せない誰かがいたりすると、こんなに苦しい想いを自分はしてるんだから(怒)お前も同じくらい苦しいなんて冗談じゃない(怒)

 

とか思うこともあると思う。

でもね、何をしたとか、誰が悪いとかでなく、ただ愛する人と一緒にその場所を抜けていくというシンプルな感じになっていこう。

怒りや、誰かを許せない気持ちは、たとえその瞬間(フェアじゃない!)と感じたとしても、負けにいくこと。

損をしにいくこと。

それだけが愛する道を示してくれて、そのうち許しにつながり、自分も相手も解き放ってゆくから。

 


 

もしも、自分が苦しくて、相手もまた同じように感じてるということが

受け入れられない時には

カームエックスを使ってみてね。

 

誰かの痛みに、寄り添うことができたなら、怒りはするするとほどけて、それは本当のきもちとともに、愛に色を染めていく。

 

 

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。