Day 20 誰かのナイトになる Knight.

誰をも寄せつけないほどに、孤独で辛そうで、痛々しくて苦しんでいる人を1人、思い浮かべてほしい。

まるですべてを拒絶するように、たとえ声をかけたとしても自分の殻に閉じこもってきっと応えやしないだろうとおもうほどに、孤独な人。

 

もしも誰かが思い浮かんだら、その人を助けられるのはあなたかもしれない。

同情や、かわいそうだからとか、哀れんで優越感に立つための助けじゃなくて

ほんとうに心から、癒されることを願うこと。

 

ひとが本当に孤立し孤独になってしまい、自分ひとりではとても抜け出しようがないほどにどん底に落ちてしまうことがある。

 

そんなときに、誰かがそんな誰かを助けることができたら、その光はトワに、めぐってゆくはずだ。

 

 

 

誰をも寄せつけないほどに、孤独で辛く、痛々しくて苦しく、八方塞がりに真っ暗で絶望だったあのときを、思い浮かべてほしい。

まるですべてを拒絶するように、たとえ誰から声をかけられたとしても、とても応えられるほどの力すら残っていなかったり、自分が憎すぎて、自分が醜すぎて、誰の手すら触れることが難しく、ひとりになんてなりたくないのに、自分の殻に閉じこるしかなかった、孤独だったとき。

 

もしもそのときの苦しさを思い出せたら、たったひとりでもいいから、もしも本当に誰かが、本当に最後まで手を差し伸べようとしてくれたとしたら、どうだろう。

同情や、かわいそうだからとか、哀れんで優越感に立つための助けじゃなくて

ほんとうに心から、あなたが癒されることを願う誰かの存在。

 

わたしたちは本当に孤立し孤独になってしまい、深く傷つき自分ひとりではとても抜け出しようがないほどにどん底に落ちてしまうことがある。

 

そんなときに、たったひとりでいいから、誰かがそんなあなたを諦めずに真剣な眼差しで「わたしがいるよ」と言ってくれたとしたら。

その光はトワに、めぐってゆかないだろうか。

 

 

わたしたちが本当に救われるとき

誰かの愛によって掬い上げられるとき

同時に相手は、たくさんのことを受け取る。

 

わたしたちが誰かを本当に救おうとするとき

本当に誰かを愛し、心底助けたいと真剣になるとき

同時に自分たちも、たくさんのことを受け取る。

 

 

世界はそうして、めぐっている。

 

絶対に支え、最後まで守ってくれるナイトの存在

わたしのそばにもいつも、そういう人がいたわけじゃない。

 

たった一人で絶望に臥し、痛みの中で耐えるしかなかった時期

いつも手を合わせ、誰かがそれに気づいてくれることを祈った。

 

そして時が満ちると、それは必ず届く。

 

今自分に余力があるのならば、勇気を出して誰かに手を差し伸べてほしい。

 

それはきっと、本当に世界を救うから。

 

 

 


素敵な香りがあるよ。

いつもたった一人で孤独だったわたしが、最後そのナイトの存在を光の中に凝縮して繰り返しレシピを更新し作った香り。

Knight.

 

あなたが守られていること

いつなんどきでも誰かが必ず最後まで救おうとしてくれる人が絶対にいることを

約束するよ。

温かく澄んだ、優しい香りです。

 

Knight – ナイト”守ってあげるよ”

 

 

 

 

 

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。