先祖だれかれの尻拭い

 

前世のカルマとか、生まれかわる前の記憶をひっさげて

(ひっさげてるくせに、生まれたときに全部忘れるという)

そのときやり残した仕事だとか、そのとき悔いを残した出会いとか

そんなのを繰り返しがんばる、わたしたちの健気なタマシイ。

 

それは、インナーチャイルド(小さなころに傷ついた部分を癒すことなど)と同様に、癒しを繰り返し体験しているみんななら

少しづつ慣れたものになっていると思う。

 

すべては結局、種を撒いた場所にしか痛みや喜びは出なくて、それが無意識であろうが失敗であろうが過去に積んだ徳であろうが、すべては自分が最後は尻拭いをするしかないのだ。

 

 

 

もう一個、ひとつ人生をえっちらおっちら頑張るにあたって少々重荷な感じがするのが、その自分自身を癒したり浄化したりしていった後の、プラスアルファの癒し。

身近な家族や、愛するひとたちや縁があって関わっていくひとたちを癒したりしていくのははまだ、愛を持って取り組みやすいと思うんだけど、

もう一個あるんだよね。

 

それは、わたしたちが覚えていないレベルの潜在意識に刻まれた、先祖の記憶。

記憶というと、(覚えてる)が無い以上、ちょっと記憶とは言い難いかもしれないんだけど、なんていうのかな。細胞に刻まれたエネルギーの残りというか、意識上には無いけど、覚えがないこじれを繰り返したりするとき、生まれ変わった自分自身の記憶というよりかは、何代か前のおじいちゃんやらおばあちゃんがキツい体験をしたまま、その感情をそのまま癒しきれずに受け継がれちゃった状態だね。

7代前からそれは受け継がれると言われてる。

 

そんなときは、先祖が辛い思いをしたものを代々受け継いで今自分自身が、体感として感情を感じてしまうので、断ち切ることをしていくしかありません。

うーん、種を撒いたのは自分ではないんだけど、でも成った実の被害が、現実目の前に立ちはだかってるので、やるしかない。

 

これをスキップするとどうなるというかというと、子供がいるひとはわかりやすく受け継がれてくと思う。

なかなかその受け継がれた鎖というのは根深いものなので、ぼんやり生きてる以上は断ち切ることができません。

 

【わたしの代で、終わらせるからね】

そう自分の中で他人の尻拭いまで請け負うことは、損得勘定で生きてるうちは無理だとおもいます。

 

誰の失敗をも、誰のものでもないとして自分が関わり片付けていく。

 

それは高い愛に基づいた生き方であり、大変だけど

自分に課題がふりかかったのなら、ぜひ取り組んでほしいと思います。

 

 

ちなみに↑のようなものこそ、一人でやっても大変なだけでしんどいので、プロに任せるのがおすすめ。ひとりでやってたらそのうち死んじゃうとおもう😂

なんちゃってじゃないスピリチュアルの、ちゃんと地に足のついた浄化ができるセラピストさんや、浄化ができる先生などなど(どんな職業でもよい)

ぜひきちんと任せて、重たく苦しいエネルギーを一掃してください。

 

わたしの方は60分2万円でセッションを受け付けています。

また今週もしっかり浄化に励む予定。

 

 

浄化月間、秋分に魚座・乙女座の新月満月が重なる

9月の受付可能な日時ですが、

基本平日は午後13時〜可能で、

土曜日のみ10時〜受付可能です。

 

The gift シリーズ 詳細・受付はこちらからどうぞ >>

 

 

 

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。