”何かを求めることはもうない。 疲れた。”

12-8 

まいさん

いろんなこと、がんばってて
本当に凄いな…と思う。

山下さんとのことも、本当に。
たおくんとも、本当に。

 

ほんと、どうでもいいことなんだけど
LINEのアイコンさっき変えた。
長らく、仲の良い家族になれるようにと願いを込めて、
旦那氏とxxちゃんとそれぞれにもらったぬいぐるみの写真をアイコンにしてたんだけど

もうええわ、ってなって😂

私だけがんばっとってもしゃーないで。
旦那もアホやし、xxxちゃんもxxxxちゃんも協力せんし
もーーーいーーーですよ、ハイハイ
ってなった。

いや、みんな苦しんでがんばってんだろうけどね。もう知らんわ、ってなった。

だから、お守りのようにしてた画像、変えた。
(中略)

 

 

なんかもう、諦めみたいな感じ。
旦那氏とはもうやってられんわ。
アイツはもうあかん。

私の中にたくさんあった期待、もう全部捨てようと思う。

旦那に対しても、親に対しても。
自分に対しての期待も削ぎ落とせたらいいんだけど。

 

代わりに信頼、なんてできないわ。
もう親も、旦那も、私にとってはただの人。

何かを求めることはもうない。
疲れた。

だからもう、明日からは他人と同じように接することにするわ、、、

 

自分も他人も同じ、という生き方
わたしにはまだまだできないみたい…
今世では無理なんかな…

疲れちゃった。

夜中にごめんね、まいさん。
おやすみ。

 

たまにお化粧した日😻

 

 

 

他人になにかを求めるって、ほんとう不毛だよね。

他人を変えようとするなってよく言うしね。

どれだけ愛するひとにだって、期待しても、辛くなるだけなこともある。

 

 

そういうとき

じゃあもう、諦めて、ほんとう何かが変わって良くなることなんて全部諦めて

それぞれ勝手に生きることもできるとおもうんだ。

 

でも、

そういうときに、他人に何も求めずに

変えようとせずに

そして期待すらも捨てて

 

 

なお、自分や、相手が本当に幸せな、関わり方ってどんなふうかなと

考えつづけて、祈りつづけて、願い続けることができる。

 

誰かの幸せを本気でねがうとき

体当たりで、ぶつかっていかなきゃいけないことがある。

 

子供が道を踏み外したら?

本当の正しさを見失ったら?

 

そしたら彼は、そのあとの人生、自分の責任で尻拭いしながらきちんと生きられるだろうか?

 

そういうときわたしは、自分がどれほど辛くても

死ぬほど辛くても

「変わるまで」旅を続けるようにしてる。

 

何度諦めても

何度絶望しても

何度、もう無理だと思っても

何度、死にたいと思っても

 

それでもなにかを信じるから

 

最後に、ほんとうの変容というのは起こるのだと思う。

 

 

ひとりで頑張っても、自分だけが変わっても

そばにいる誰かがそっぽを向いてたら

もういいやって思って当然だとおもう

 

じゃあ、こっち向かせよう。

向くまで、こっち向くまで向かせ続ければいいよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。