愛を諦めそうになることがある

愛を、諦めそうになることがある。

何度も、何度も、何度も諦めそうになることがある。

絶望して、信じられなくなって、愛なんてどこにもなかったように

思えることもある。

何も思いだせないこともある。

何度も、何度も、何度も愛を諦めそうになることがあって

愛も、悲しい瞬間も、絶望も、温かな時間も

どれももしも、すべてが真実なのだとしたら

 

そのどの瞬間にも必ず

かならず流れているのが愛で

目に見えぬそれが愛で

わたしたちが絶対に、見失って忘れて思い出せないときですら

すべてを諦めてしまったときですら

流れているのが愛だと

 

 

また忘れるときのために、ここに書いておきたい。

何度でも、愛のことを話すのは、それを忘れないようにするため

それが、そこに、必ずあることを

忘れぬようにするため

 

みんながそれを、一緒に覚えておくことができたら

それは途切れる(かんじがする)ことなく、きっとずっと、つづく。

 

 

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。