絵の依頼

今月から企業PR用の絵の依頼をうけたやつをはじめて

すごいまあぼんやりイメージをしはじめたんだけど

やっぱり、目に見えぬエネルギーが立ち上がる瞬間の

その鮮やかなみずみずしさというか

命がいのちとしてそこに弾けるときの

スパークリングなときめきというのは、本当に特別なんだなあと

何かをかたちにすることは、文章でも、絵でも、なにか料理を作ることでも香りを作ることでも

ほんとうにいつも同じなんだけど

すごい世界だ、と思う。

 

セッションとか人の心を扱う仕事とはまた全然ちがう感触の、なにかを形にする作業は

この先もやっぱり一生続けていきたいとおもう。

絵を描くことも、普段はほんとう全然やらなくて

元々必要に駆られて(デザイン用だとか、人から依頼をいただいてとか)やるばっかりだったんだけど

日々の、趣味としても絵をずっと描き続けることができたのだとしたら、わたしの人生はなんて、なんて豊かだったんだろうと思いながら死ねると思う。

 

ゆっくり

ゆっくりでいい

焦らなくていいから

がんばろう

一個づつ

色を塗り重ねていけば

それでいいから

 

アイデア集めだけで、目が覚める思い。

楽しもう。ただありがたく。

🙏

泣けるよ。

なんだか。

 

全部にありがとうだよ。

 

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。