螺旋階段

なんか私なにか1つ達成してしまった感じで
気力がないみたいで。
誰かのためにやる仕事だけだと
お金の為だけにやってる気持ちになってしまう。

 

女神の告白室女神の井戸端会議
ご利用いただいいているみなさま、いつもありがとうございます。
月額2000円でいろいろ投稿していただくと
ランダムに返信コメントしてます。

 


わたしも確か、セラピストで何度も壁にぶち当たってたとき

なにかもう達成した感覚がして、つぎに何を目指せばいいのかわからなくなった時期は長かったとおもう。

 

ほんとうに長くて、なんのためにセラピストをやればいいのかわからなくて

誰かの悩みには、迷わず誠実に答えようとはするものの、

自分のためという側面からみたら

ほんとうに、何も、無かった。

 

 

人の役に立てる喜びや

誰かが苦しみから解放される感動や

達成感や、充実感や

感謝される嬉しさも

 

なにもかも、

目の前で起こっているはずなのに、遠くて

虚しくて

哀しくて

でもそんなこと言えば、クライアントさんは不安になるだろうからと思いながら

何も言わずにただ、淡々としごとした時期

 

すごいぶっちゃけると、別の部分ではお金はほしいけど、

誰かの悩みを解決することに、お金をもらいたいとおもったことって

多分実は一回もなくて

ま、じゃあ無料でカウンセラーやれよって話なんだけど

過去90分で5万円いただいてた時期とかもあったりして

いまは、2万円も特に迷うことなくやってる。

 

お金は、直接わたしたちの生きるモチベーションにはなってくれないと思う。

必要だし、嬉しいし、わたしはお金が好きだけど、

対価として、みなさんの人生の重みとして

ただプロとして、お仕事をさせてもらうという意味の金額というか。

 

それが直接、生きがいややりがいにつながっていない時は、辛いよね。

 

 

でもわたしたちは

最初自分のためになにかを始めようとしてさ、そしていつしか満たされて、誰かのためになにかをしようとしてさ、自分を見失って、そしてもういちど自分を探しに行って、自分と他人のために両方生きる練習をして、それすらも失敗して、すべてを失って。

そしてもういちど、自分がなにを欲しているのか、ぐるぐる螺旋階段をあがるようにしてくりかえし登ってゆくのだと思う。

 

与えられた人生のなかで、そのあゆみが止まるということは、ありえない。

いっとき後退したり、低迷したり、完全に八方塞がりになったようにみえる局面ですら

そこには、次に進むための重要な布石がごろごろ転がっていると思う。

 

 

そういう時期は、ひたすらに不安で辛く、そして苛立つし

モヤモヤして、でも何がしたいかわからなくて

そういうものだけど

 

でも、抜けるよ

 

抜けるために、日々を営んで紡いでいるから。

 

行きたい場所に行くために

たとえその行きたい場所が今みえなくとも

たとえその場所が最後

「どこにも行きたくなかったんだ」って気づくことだったとしても

どんなでも

 

わたしたちはそこに、向かってる

「しっくりくる」場所が

絶対あるはずなんだ。

 

なにかを目指したり、夢や目標を持ったり高望みをすることが全てじゃない。

みんなが

 

「あ、ここしっくりくる、一生ここでいい」と感じるオアシスこそが

あるはずで、

わたしもずっと

そこに向かおうとしてる。

 

 

なにかを達成した感じがするときは、しばらくその次のたびに向かうまでに

調整や、成長や、自分もまたひとまわり大きくなるための

しばらくの時間が要するかもしれない。

誰かを許したり 誰かを受け入れたり 自分をもっと知って行ったり

いろいろ

 

でもその時期こそが、大変なその時期こそが

つぎなる道が敷かれるまでの

大切にやりぬく場所だよ。

 

 

いつも応援してます。

 

 

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。