ひとりごと

– ひとりごと –

もっとも高く広い空と、地面をつなぐ

脈々と受け継がれてきた「文化」というものは、決して簡単に変わったり翻るものではない。 言語も同じで、何百年、何千年とかけて育まれてきた癖や習慣は、個人レベルではないため明日明後日で改革して、【今年から文脈を少し削りました …

もっとも高く広い空と、地面をつなぐ もっと読む »

偽のひとつを、ほんものにしていく旅

なにか根深いテーマを一から根本解決していこうと動く時、表層の1つを取り除いたら、はい、それで治りましたよ。 と終わらないことがほとんどだ。 もともと視野に入れていた、「日本全体における人権への低い意識」を、どこから切り込 …

偽のひとつを、ほんものにしていく旅 もっと読む »

Always always

  変わり続けること。 そして、変わらずに守り続けること。   なにもかもを諦めたり、なにもかもを手放す代わりに 刻々と、今を追いかける時間と わたしは、しごとが好きだという変わらないきもち &nbs …

Always always もっと読む »

宇宙の果てまで

誰かが、誰かを ほんとうにまっすぐに愛そうとするときのエネルギーって 本当に奇跡としかいいようがないくらいに美しくて たとえそれが、どんなにおぼつかなくても 不器用に見えても その純粋さが世界を彩るときの 果てしない愛お …

宇宙の果てまで もっと読む »

親として

セラピストになったのは、他の誰よりも絶望的に不幸な人生を背負ってきたからだった。 誰のどんな深く苦しい闇の話を聞いても、自分が体験してきたそれはすべてを包括していた。 それでも自分は幸せな人間だと思いながらも、誰かに生ま …

親として もっと読む »

9月もセラピスト

9月にはいったらしごとモード。と思っていたので、そのとおりに気持ちが整ってきて小気味いい。 美容院で月一で髪の毛を染めるのに、引っ越した後近所にすごく良い美容師さんをみつけて、せっせと3週間に一回くらいカットとカラー交互 …

9月もセラピスト もっと読む »

この人生において 1つの、重要な わたしのセラピストとしてのしごとは、 本当に賢いひとたちや、本当に優秀なひとたちに、 「本質」を理解させること。   わたしがたとえ、本質をどれだけ理解していたとしても、それを …

もっと読む »