おふろみたいな声

いつも、いつも そういえばずっと、いつも わたしが窮地に立たされて ほんとうにもうだめだ、と思ったときに 彼は、いつも 手を差し伸べてくれてた   はじめて会ったときから なにも、知らないうちから 絶対に裏切る …

おふろみたいな声 もっと読む »

人を見上げる人は人を見下す人

この半年で、わかったことがある。 人を見上げる人は、まったく同じように、人を簡単にナメて、見下す。   これまでの人生、わたしのことを知らない人は、ほとんどのひとが 手放しで褒めたり、称えたり、尊敬したり、評価 …

人を見上げる人は人を見下す人 もっと読む »

信頼

鍵は、信頼だと思う。 この半年、どれほど人々のずさんなコミュニケーションを目の当たりにしてきたかわからないほどだった。   メッキがボロボロに剥がれ落ちて、かれらの本当の姿を突きつけられて ただでさえ、何度だっ …

信頼 もっと読む »

愛は恋を兼ねる

愛は恋を兼ねるけど、 恋は愛を兼ねることができない。   愛は恋を包括できるけど、 恋は愛の代わりができない。    

濁流

濁流に 飲まれて窒息し 飲まれては窒息し 飲まれては窒息し 飲まれては窒息し そしてもう、どこにもいけないのだと思った     あるとき濁流に 飲まれては窒息しつづけるのと同じように 飲まれて &nb …

濁流 もっと読む »

ごめんなさいを、ありがとうにひっくり返す

今日はめずらしく、色々プライベートの世話をしてくれてるThe nene 店長 ユキちゃんに 「ごめんなさい」の気持ちが出てきて、久々に「罪悪感」というのを感じていたので、過去の記事を遡ってみてます。 罪悪感と感謝の比例度 …

ごめんなさいを、ありがとうにひっくり返す もっと読む »