日本

もっとも高く広い空と、地面をつなぐ

脈々と受け継がれてきた「文化」というものは、決して簡単に変わったり翻るものではない。 言語も同じで、何百年、何千年とかけて育まれてきた癖や習慣は、個人レベルではないため明日明後日で改革して、【今年から文脈を少し削りました …

もっとも高く広い空と、地面をつなぐ もっと読む »

偽のひとつを、ほんものにしていく旅

なにか根深いテーマを一から根本解決していこうと動く時、表層の1つを取り除いたら、はい、それで治りましたよ。 と終わらないことがほとんどだ。 もともと視野に入れていた、「日本全体における人権への低い意識」を、どこから切り込 …

偽のひとつを、ほんものにしていく旅 もっと読む »

言葉のことを思い出す朝

まいにちこわい夢とかみて、息苦しく目がさめるまにまに、 ひさびさに仕事の夢をみて、ほっと嬉しく朝を迎えた。 もともと、間違った日本語の使い方をしてきたわたしだけど、これからもそうしようとおもった。 フランス語、英語、中国 …

言葉のことを思い出す朝 もっと読む »

さそりざの満月

これまでで、もっとも長く感じた夜だった。 あとからみたら、蠍座の満月はとてもディーブな根深いやつを浮上させるエネルギーだと書いてあった。 生きるか死ぬかの窮地でこそ、真価を発揮する いちど全てを壊して再生するみたいな。 …

さそりざの満月 もっと読む »